2007年09月20日

スキンケア

■どんな化粧品を選べばよいか?
セラミド入りの化粧品はうるおいを与えるだけでなく、肌の保湿力を高める働きもあります。
また、天然水ベースのものは体の水に近いので、浸透力があり、肌がうるおうことでしょう。 (最近は持ち歩きに便利なミニボトルやスプレータイプの物、有名なミネラルウォーターで作った化粧水も出ていますね)
自分で直接手にとって選んでみてください。
保湿目的のパックをするのもいいでしょうね。
冬の乾燥に備えましょう。


■保湿は自分の肌感覚でコントロール
肌自身のうるおいと、化粧品による保湿とで、何をどのように使って保湿すればよいか、迷うところです。
セラミド入りの化粧品は、生体内の水をポンプのように引き上げるので、うるおいを与えるだけでなく、保湿力を高める働きもあります。
うるおいが十分満たされていると感じられる時は、軽い化粧水程度で保湿するとよいです。
天然水ベースのものは生体内の水に近いので、浸透力があります。
また、軽いマッサージなども新陳代謝を促すのにはいい方法です。
いずれにせよ、自分の肌とよく相談して、使う化粧品をセレクトするようにしてください。

posted by AO型 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。