2007年09月21日

一目ぼれに必要なのは0.5秒=米研究

一目ぼれに必要なのは0.5秒=米研究
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/09/20/1436201&from=rss

研究では、大学生を対象に、非常に魅力的な人と平均的な人の写真を1秒間見た後、視線をほかの物に移すよう求めた。 被験者の反応のタイミングを計ったところ、人々がある人物を魅力的かどうか判断するのには0.5秒しかかからないことが分かったという。

その人に興味があるにせよ、ないにせよ、それを判断するのに0.5秒しかかからないというはなし。
0.5秒は早いですね。意識したことないですが、そんなに早く判断しているものなんでしょうか。すげえ。

判断される側の立場で考えると、0.5秒で決着がついていると思うとちょっと気が楽かも。 出会い頭に一刀両断されている可能性がたかいですね。

posted by AO型 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。